TOP > Java>

トランプのシャッフル

説明

トランプなどをシャッフルする場合は、一度配列に情報を格納して配列をシャッフル
することにより、トランプをシャッフルするやり方が一般的に使用されています。


以下の例では54枚のトランプをシャッフルして頭の10枚を表示しています。

使用例

import java.util.Random;

public class Run{
   public static void main(String[] args){
      
      int buff;
      int ran1;
      int ran2;
      String ke;
      
      int[] tor = new int[54];
      
      String[] tor_d = new String[5];
      
      tor_d[0] = "ハート";
      tor_d[1] = "グラブ";
      tor_d[2] = "ダイヤ";        
      tor_d[3] = "スペード";
      tor_d[4] = "ジョーカー";
      
      Random rnd1 = new Random();
      Random rnd2 = new Random(); 
      
      //トランプの配置(ハート1〜13、クラブ14〜27・・・)
      for(int i=1;i<=54;i++){
         tor[i-1] = i-1;
      }
      
      //トランプのシャッフル
      for(int i=1;i<=200;i++){
         
         //乱数を作成
         ran1 = rnd1.nextInt(54);
         ran2 = rnd2.nextInt(54);
         
         //配列の入れ替え(乱数1と乱数2を入れ替え)
         buff = tor[ran1];
         tor[ran1] = tor[ran2];
         tor[ran2] = buff;
      }
      
      //頭から10枚表示
      for(int j=1;j<=10;j++){
         //ハート、クラブなどの種別を格納
         ke = tor_d[tor[j-1]/13];
         //カードを表示
         System.out.println(ke+"の" +(tor[j-1]%13+1));
      }
   }
}

■実行結果
グラブの7
ハートの4
ハートの2
スペードの3
ハートの7
ハートの13
スペードの12
ダイヤの11
ダイヤの3
ジョーカーの1

最近の記事
当サイトについて  免責事項  プライバシーポリシー
Copyright (C) Sasuke 2012 All rights reserved.