TOP > Java>

単純ソート

説明

単純ソートとは順番に値を比べていって入れ替えていく方式です。

■実際のJavaでの使用例
public class Sort {
   public static void main(String[] args) {
      int n[] = {23, 5, 69, 87, 4, 2, 62, 1};
      int k, m,t,s,i,j;
      System.out.println("--ソート前の値を表示します--");    //ソート前の値を表示

      for (i = 0; i < n.length - 1; i++) {
         System.out.println(n[i]);
      }                       
      for (i = 0; i < n.length - 1; i++) {
         m = n[i];                                      //n[i]を最小値に設定
         s = i;                                         //添字番号を保存
         for (j = i + 1; j < n.length; j++) {
            if (n[j] < m) {                             //最小値が現れたら入れ替える
               m = n[j];
                s = j;
            }
         }
         t = n[i];                                      //n[i]と最小値を交換
         n[i] = n[s];
         n[s] = t;
      }
      System.out.println("--ソート後の値を表示します--");  //ソート後の値を表示
      
      for(i = 0; i < n.length - 1; i++){
         System.out.println(n[i]);
      }               
                
   }
        
}

■実行結果
--ソート前の値を表示します--
23
5
69
87
4
2
62
--ソート後の値を表示します--
1
2
4
5
23
62
69

最近の記事
当サイトについて  免責事項  プライバシーポリシー
Copyright (C) Sasuke 2012 All rights reserved.