TOP > Java>

スレッド

スレッドを使用すると1つのプログラムで、複数の処理を同時に行うことが出来ます。
Javaでスレッドを実装するには、「java.lang.Thread」のクラスを継承する方法と
「Runnableインターフェース」を実装する方法があります。

スレッドとは?

1つのプログラムで複数の処理を実行する事を、スレッド処理と呼びます。
(マルチスレッドプログラムなどと呼ばれることもあります。)
たとえばゲームなどでは、「キーの入力処理」、「敵の動きなどの処理」、「プレイ時間の測定」などなど多くのスレッドが並列して処理を実行しています。

Runnableインターフェースを使用したときの例

以下の例では「Runnableインターフェース」を使用した場合の例を紹介しています。

public class Thtest implements Runnable{

        public static void main(String[] args) {
            //Thtestクラス(クラス名[Thtest]の場合)をインスタンス化
            Thtest t = new Thtest();

            //Threadクラスをインスタンス化
            Thread th = new Thread(t);

            th.start();  //実行
            for(int a=0;a<=10;a++){
                System.out.println("スレッド1:"+a);
            }

        }
        public void run(){
            for(int b=0;b<=10;b++){
                System.out.println("スレッド2:"+b);
            }           
        }
}

実行結果は機種やタイミングにより違う場合があります。

実行結果
スレッド2:0  ←スレッド2
スレッド1:0  ←スレッド1
スレッド1:1
スレッド1:2
スレッド1:3
スレッド1:4
スレッド1:5
スレッド1:6
スレッド1:7
スレッド1:8
スレッド2:1
スレッド2:2
スレッド2:3
スレッド2:4
スレッド2:5
スレッド2:6
スレッド1:9
スレッド1:10
スレッド2:7
スレッド2:8
スレッド2:9
スレッド2:10
最近の記事
当サイトについて  免責事項  プライバシーポリシー
Copyright (C) Sasuke 2012 All rights reserved.