TOP > Java>

アルファペットのランダム表示

A〜Zのアルファベットをランダムに表示する方法を説明します。
A〜Zのアルファベットを文字コードに直すと65〜90の値になるため、
65〜90の乱数を文字にするとランダムのアルファベットになります。


記号や小文字のアルファベットなども表示できるようにすると
パスワードの自動作成ツールなども作ることが出来ます。

サンプルソース

■A〜Zをランダムに10文字表示した例
import java.util.Random;

public class Aruf{
    public static void main(String[] args) {

        //Randomクラスのインスタンス化
        Random rnd = new Random();

       //変数の宣言
        int ran;
        int a;
        char c;

        //10回繰り返す
        for(int b=0;b<10;b++){
           //0〜25の乱数を作成
            ran = rnd.nextInt(26);

            //65を足して65〜90にする
            a = 65 + ran;

            //charに型変換
            c = (char)a;
            //表示
            System.out.print(c);                
        }
    }
}

実行結果です
RDDKEQWAXA
関連ページ
乱数を作成
・アルファベットのランダム表示
最近の記事
当サイトについて  免責事項  プライバシーポリシー
Copyright (C) Sasuke 2012 All rights reserved.