TOP > Java>

日付計算

Javaで日付の計算をする場合は「Calendarクラスのadd(int, int)」 メソッドを使用します。

指定日数を足す

日付を足す場合は以下のように使用します。
add(日付,足す日数);のように指定します。
以下の例は今日の日付にキーボードから入力された値を足して表示した例です。

■使用例
import java.io.*;
import java.util.*;
public class Keisan{
public static void main(String[] args) throws IOException{
      BufferedReader br = new BufferedReader(new InputStreamReader(System.in));
      Calendar now = Calendar.getInstance();
      
      //キーボードから入力
      String str = br.readLine();
    
      //入力された値をintに変換
      int nu= Integer.parseInt(str);

      //キーボードから入力された値nuを現在の日付に足す
      now.add(Calendar.DATE,nu);

      int y = now.get(now.YEAR);
      int m = now.get(now.MONTH) + 1;
      int d = now.get(now.DATE);
      System.out.println(y+"年"+m+"月"+d+"日");
   }
}

■実行結果
100           ←入力した値
2007年4月15日


指定日数を引く

日付を引く場合は足す場合と使用するメソッドを使用します。
マイナスの日数を指定することにより、日付を引くことが出来ます。
以下の例は今日の日付から-10を引いた例です。

■使用例
import java.io.*;
import java.util.*;
public class Keisan{
public static void main(String[] args) throws IOException{
      Calendar now = Calendar.getInstance();

     //今日の日付から−10日を引く
      now.add(Calendar.DATE,-10);

      int y = now.get(now.YEAR);
      int m = now.get(now.MONTH) + 1;
      int d = now.get(now.DATE);
      System.out.println(y+"年"+m+"月"+d+"日");
   }
}

■実行結果
2006年12月26日
関連ページ
今日の日付・曜日を表示
時間の取得
・日付計算
最近の記事
当サイトについて  免責事項  プライバシーポリシー
Copyright (C) Sasuke 2012 All rights reserved.